« ゲンちゃんのパワー | トップページ | 馬場の補修 »

2018年6月29日 (金)

ちちんぷいぷいの取材

いつも頑張ってる、蒼開中学高等学校ホースセラピー部を、ちちんぷいぷいが取材に来てくれました。
通常の部活は自分が主役だけど、ホースセラピー部は馬や騎乗者が主役。
馬の世話や、 曳き馬、騎乗者のサポート、忙しく走り回ります。
世話を通して、馬への愛情を育み、時にはハンディのある人たちのサポートをする事で、困難を学び、理解し、社会性を育む。
この様な部活が、今の日本には1番大切ではないでしょうか。
人権学習の機会など、教育プログラムではありますが、定められた授業では得られない学びがあります。
関西リハビリテーション専門学校にも、ホースセラピー部が、今年から設立されました。
ホースセラピー部OBが発起人です。
そして、部活に関わらず、五色ホースクラブのメンバーも同じです。
保育園のメンバーでも、ボロを掃除します。
指導者を目指し、頑張ってるメンバーも居ますし、不登校や、引き篭もり、ハンディのある人たちも、自分の出来ることを見つけ、活躍します。
私たちの大切な活動が、ノーマライゼーション社会作りの、大きな役割と感じています。


|

« ゲンちゃんのパワー | トップページ | 馬場の補修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207932/66881547

この記事へのトラックバック一覧です: ちちんぷいぷいの取材:

« ゲンちゃんのパワー | トップページ | 馬場の補修 »