« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年4月の4件の記事

2018年4月25日 (水)

一般社団法人日本障がい者乗馬協会理事会

日本財団ビルのパラリンピックサポートセンターにて、日本障がい者乗馬協会の理事会に参加しました。
2年後に控えた、東京オリンピックパラリンピックに向けて、フル活動!
競技もセラピーも必要な人にきちんと届くように頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

玉ねぎ収穫祭

淡路島の玉ねぎはとても美味しくて有名です。
そろそろ新玉ねぎの収穫時期に突入!
地元では、玉ねぎ収穫祭が開催され、茶々丸が出張しました。






菜の花もきれい。
空気も、天気も最高で、楽しい触れ合いができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

スタートライン

長かった御殿場大会までの道程でしたが、無事、国際クラシフィケーションも終え、やっと国際選手としてのスタートラインに立った、石山繁くん。



一度は挫折したけど、馬はやめようとしたけど、どうしても諦めきれない思いを知り、何とかまた選手として夢の舞台に向えないか考えました。
繁くんは五色ホースクラブのみんなにとって、夢の世界のスターであり、憧れの存在です。
落馬事故から、身体や感情のコントロールが難しくなり、愛する子供たちに会えない辛さも、クラブのメンバーは理解できます。
何故なら、みんなそれぞれに辛い思いを抱えているからです。
繁くんをもう一度夢の舞台に!
小さなクラブから、大きな夢が生まれました。

まず、クラブの専門分野の乗馬療法、プラス医療チームで身体のバランスを整え、正しい姿勢と身体の使い方を出来るようにレッスン。
綺麗な姿勢は馬術の基本です。
3ヶ月近くかかり、馬術指導へ。
でも、クラブにはセラピー馬はいても、競技馬はいません。
繁くんの場合、競技とセラピーが両方できる場所でないといけません。
そこで、セラピーの先駆者である、サイトウ乗馬苑のお力を借りることになり、大会デビューに向かうことになりました。
指導も、イギリスから素晴らしい馬術指導者、イギリス乗馬のフィオナさんがコーチに付いてくれ、心強く試合に臨む事が出来ました。



トラブルもありましたが、とても満足のできる結果であったと思います。



試合当日は医療チームも駆けつけてくれました。
本当に心強かったです。




セラピーから、畑違いの競技の世界にボランティアで行ったメンバー、未熟さを責められ、怒鳴られ、影でいっぱい泣いてたけど、最後まで繁くんのまえでは笑顔。
見返りは求めてなかったけど、記憶が難しい繁くんが最後まで経路をしっかり覚えててくれたのが、何より嬉しい!

感動ありがとう!
お世話になった皆様、励ましてくれた人たち。
みんながいてくれて乗り越えられました!

感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

お父さん馬に乗れたよ!

たいごパパは脳腫瘍を2回も患って、体を動かすのが不自由になり、リハビリ生活になりました。
馬が大好きなパパのために、まゆさんは馬を習い始め、乗馬療法も勉強始めました。
クラブにボランティアに来てくれる度、お父さんを乗せてあげたいと話していたまゆさん。
障がい者乗馬中級ライディングリーダー資格取得をして、やっと実現しました!
外泊許可を取り、車椅子のまま乗れる特殊車両のレンタカー、バリアフリーのホテル。
こちらもいつもよりゆとりを設けたレッスン枠で、お父さんを迎えます。
準備は万端!
お父さん、騎乗です。



たくさんの手がお父さんを支えます。

一周、二周と進んで行くうちに、お父さんの硬く張っていた筋肉が解れていきます。
馬の揺れが、骨盤から背骨に、そして脳を刺激して活性させます。
目もキラキラ、声もよく通ります。
動かせないところも、少しづつ動いていきます。

何より楽しい!








最期の方は力も入り姿勢もしっかり出来ました!

まゆさん良かったね。

みんなの熱意や、思いがクラブを動かすんだ。

今までも、これからも!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »