« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の6件の記事

2017年9月22日 (金)

ぼくの目指すもの〜

元JRAジョッキー、石山繁氏の講演「ぼくの目指すもの〜落馬、脳挫傷を乗り越えて〜」が記事になりました。
華やかな舞台からの転落、思い通りに動いてくれない体、そして変わっていく環境。
そんな大変な中、いつも他人を気遣い笑顔を見せてくれる繁くんを、応援したいと思いました。



淡路島でのファンが増えそうだね〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

記事になりました。寄り添う心を育む教育

先日、東京、国立オリンピックセンターで行われた講習会が神戸新聞記事になりました。
上と下で2回掲載されました。
五色ホースクラブを始めた頃は、障害のある人や、その家族の向き合うのに精一杯だったので、取材の来てもらっても、あまり意味を見いだせず、また、記事を読んだ人からのやっかみや中傷に、ただ、良いと思うことをするのは、なんて難しいことなんだろうと思っていました。記事が出ると「どこかからお金貰ってるの?」「選挙でも出るん?」など言われていたので、細かく聞く記者に苛立って、けんかになった事もありました。
「行政の仕事でもない、ただの民間人のボランティア活動だから、新聞なんか載せていらん!」
そう言った時に、
「それなんです!ただの一主婦が、自分のスキルですごい社会貢献をしている、それを伝えるのが、私たち記者にとっての社会貢献なんです!」
そう言われ、私は記事の大切さがわかったように思います。
私たちも、この活動を通し、馬と共に困難な人たちに寄り添い、理解を深めました。
この記事は、記者が東京まで足を運び、学び、纏めた記事です。





この記事を纏めてくれたのは神戸新聞の佐藤記者。
淡路島の人情記者と言われた、佐藤記者も今月で淡路島を離れます。
立派な社会貢献をたくさん見せてもらいました。

今までたくさんありがとう!
そして、また新しいところで、人情溢れる記事を書いてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

乗馬療法保険適用署名のお願い

乗馬療法保険適用に向けて!
通常の乗馬療法では、騎乗者に金銭的負担が多く、クラブ側にもボランティアの確保、安全面の配慮や馬作りなど、様々な課題をクリアしていかねばなりません。
五色ホースクラブは10年以上、サイトウ乗馬苑は30年以上その課題に向き合って続けています。
なぜ続けるのか、それは、本当に必要な事だとわかっているからです。
馬が一緒なので、ボランティアでさえ、講習を受け、汗を流して、次々飛ぶ指示に応える体制を作ります。なぜそんなしんどい事を続けられるのか?
それは難病の人や、ハンディのある人たちの、身体が解れて、楽しく馬に癒されているのが、自分の癒しとして受け取れるからです。
全ての人に幸せや心の癒しを〜福祉乗馬はそこから生まれました。
多くの人の心が、国を動かします。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイトウ乗馬苑

8月30日千葉県成田市のサイトウ乗馬苑に行ってきました。
広い敷地で、馬たちが大事にされていました。
たくさんの事を教わりました。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラリンピックサポートセンター

8月29日
東京虎ノ門にある、日本財団ビル4階、パラリンピックサポートセンター内、日本障がい者乗馬協会オフィスに出張してきました。



政治家さんがよく来られるそうです。
ミーティングは障がい者乗馬資格制度について。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精光園のお友達!

8月24日太陽サンサン



精光園のお友達をクラブに招待して、一緒に馬と触れ合い乗馬。
何度も乗っているので、みんな上手だ!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »