« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の4件の記事

2016年8月26日 (金)

北海道支部視察

22日から25日まで、北海道支部に行ってきました。

今回、3つの台風が直撃でしたが、馬たちにはあまり被害がなくて一安心。

春生まれた、目がブルーの赤ちゃん馬は、近所の保育園にお母さんとレンタル中



ヤギもいました



ハウル、アイちゃん、くうちゃんも元気です。






雨がやっと上がったので嬉しそうなロイドと道産子たち








見ているだけで癒されます(*^^*)


※この北海道支部応援は、は〜とふるふぁんど支援助成事業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

全国障がい者馬術大会企画会議

さて、学術大会が終わったら
全国障がい者馬術大会に向かって全力疾走!!




今回の企画会議では、強化合宿も含め、大体の枠が出来ました。

クラブからは何人出場になるか、何の種目に出場か早急に決めなくては!

今年も五色ホースクラブは前に進むよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

いのちの輝き〜Diverse life on the planet 〜続き

第3部 いのちの輝きステージ swingbox












感動と感激ほんとに素晴らしい大会でした。

皆様のおかげです。

淡路から発信された輝きは、日本中、世界中に広がっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのちの輝き〜Diverse life on the planet

8月7日、淡路夢舞台国際会議場にて日本健康・環境セラピー学会 第4回講演会が行われました。



エールベールさんの美しい歌声によるオープニング



続いて大会長挨拶

「ご来場の皆様、ご来賓の皆様、本日はお暑い中、住民とともに作るセラピーアイランド、第4回講演会にお越し下さりありがとうございます。この健康・環境セラピー学会が立ち上がった時、淡路から癒しを発信するという趣旨を聞いて、なんて素晴らしい学会が立ち上がったんだろうと思いました。専門的な素晴らしい先生方の中、末席で勉強させていただこうと思っていましたが、今回非常に恐縮ながら、大会長を務めさせていただくことになりました。

淡路島は自然がいっぱいで、多くの癒しがあります。まさにセラピーアイランドという名にふさわしいと思います。そんな多くの癒しのある淡路島ですが、今回の大会では、こだわったところがあります。
それは、自分だけでなく、人やいのちのあるものとの関わりより生まれる癒しです。
一般的に癒しといえば、自分へのご褒美とかで、少しいいものを買ったり、例えば、シャネルやヴィトンなど、高価なものであるとか、エステに行ったりとかがポピュラーですが、ただ自分だけが満足しているだけでは、それは一時的な癒しになってしまいます。
癒しというのは受け取るだけの一方的なものなのでしょうか?
私はふだん、ホースセラピーを通して癒しを提供している側ですが、馬に乗ってもらうと、みんな楽しそうな笑顔をしてくれます。
それを見ていると、私たちもほんとに癒されます。汗だくになって、馬を用意して、とても疲れるけれど、楽しそうな笑顔を見ると、疲れも吹っ飛びます。乗った後に、ありがとうと言ってもらえると、心から、温かい気持ちになります。
人間、1人で生きているわけではないので、肯定的にじぶんを受け入れてもらった時に、なんとも言えない安心感があります。
受け入れること、受け入れられること、この大会の、キーワードになっています。
この大会の、テーマを考えた時、基調講演をしてくださる、川嶋先生から、Diversity、という言葉を、アドバイスして頂きました。
Diversityとは、多様性です。
幅広く性質の異なるものという意味です。
地球環境で言えば、生物の多様性であり、植物多様性です。様々な「種」の生き物が共存している事をさします。
動物の種類、昆虫の種類、花の種類等、全く違った個性が多く共存することによって、意味や、意義が生まれて来るのです。
様々ないのちが、地球上を輝かせている、
いのちの輝き、Diverse life on the planetが、この大会のテーマです

この後、川嶋先生の基調講演では、農業と福祉という、全く違うとされる分野が、どうまじわっていくのか、たいへん興味深いです。
そして、今回新しい展示ブースでは、普段、目に見えない世界の微生物が、私たちにどう関わっているのか、
1600度の世界では、なぜそれだけの温度が必要なのでしょう?
ビューティセラピーではチャレンジ精神と美しくするプロが、どうあなたを変えてくれるのでしょう?
ハンディと戦いながら、世界へ挑戦を挑むその力はどこから来るのでしょう?
どんどん話しかけて、いろんなメッセージを受け取ってください。
そして、今日まで練習を重ねて、いのちの輝きを見せてくれる、劇団キッズとswingbox。
きっと、皆様の心に、輝きが届くと思います。
本当に、素晴らしいメンバーが集まってくれた事に、感謝いたしますと共に、
お忙しい中、この大会に足を運んでくださった皆様、多忙の中駆けつけて下さった来賓の皆様、本当にありがとうございます。
頼りない大会長を支え続けてくれた企画実行委員の方々、夢舞台始め、関係者の方々には感謝の言葉しか浮かびません。

さあいよいよ開幕です。
あなたを輝かせるメッセージを受け取りましょう。
そしてあなたもこの地球上の輝きである事を受け入れられるように。。

様々な個性や多様性が織りなす世界へ、自分探しの旅にお出かけください。」

基調講演、川嶋先生





劇団キッズ「親指姫」






体験、展示ブース













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »