« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の4件の記事

2009年12月24日 (木)

指導実技検定!

指導実技検定!
今回の指導実技検定では、
聴覚障害のプログラム
視覚障害のプログラム
軽度発達障害のプログラム
を、行って貰いました。
みんなそれぞれ、想定していた内容とかけ離れたシチュエーションだったので、とても戸惑ったと思いますが、今までの経験を生かして自分なりのプログラムで対応してくれていました。
今回の着眼点は、安全性をベースに、聴覚障害プログラムでは、声を出さずクリップボードも使わず、如何に騎乗者とコミュニケーションをとるか。
視覚障害プログラムでは、経路を使っての空間認知をさせることが出来るか。
軽度発達障害プログラムでは、とっさの行動に対応できる臨機応変さでした。

結果は、全員無事期待に応えて合格できました。

来月の乗馬実技検定に向けて、頑張って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

ホースセラピー指導者資格を目指して!

ホースセラピー指導者資格を目指して!
ホースセラピー指導者資格を目指して!
ホースセラピー指導者資格を目指して!
12月23日に五色ホースクラブで、ホースセラピー指導者資格試験の、指導実技検定を行います。
今回は四名受けますが、四名それぞれが熱い思いをもって望んでくれているようです。

ホースセラピーの指導者として、一番重要なのは安全面です。
重度の障害者であっても、安全に乗馬できるようにボランティアスタッフの配置を決め、乗馬環境も整え、馬をベストな状態にする必要があります。

ホースセラピーを行っている所は多いですが、障害によっては受け入れてくれない所が大部分です。
五色ホースクラブでは、様々な障害に対応した乗り降りの補助の練習もあり、乗馬の危険疾患以外は、ホースセラピーが行えます。

指導者としてもう一つ重要なのは、特徴あるセラピープログラム。

馬の揺れや、脳の刺激などを利用して、有効的なセラピーを行えているか。

例えば、迷路のようなコースを作り、最短距離に馬を誘導させていく。など

このプログラムは、脳を活性化するので、不登校児やひきこもりの人にとても有効です。


指導実技検定を合格すると、来月の乗馬実技検定になります。

実技検定は、ホースマンシップが基準になります。

ただ、上手く乗っているだけでなく、馬との呼吸が大切になります。

実技検定は坂下先生に判定して貰います。

難関ですが、頑張って資格取得して下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

アトム絶好調!

アトム絶好調!
アトム絶好調!
最近、アトムの動きがとても良くなってきました。

アトムの背中に乗っていると、軽やかに動いてくれるので、とても気持ちが良いです。

馬が良い状態だと、とても良いレッスンが出来ます!

今日のなおちゃん先生のレッスンは、みんな上達したようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

12月のわたぼうしホースセラピー

12月のわたぼうしホースセラピー
12月のわたぼうしホースセラピー
だんだん寒くなってきたけど、今日は晴れて良い天気!

人数は少し少なめだったけど、元気いっぱいわたぼうしのお友達が馬に乗りに来てくれました。

やっぱり一番人気は茶々丸くんですね。

にんじんいっぱい貰いました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »