« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の22件の記事

2008年12月29日 (月)

坂下先生の個人レッスン!

坂下先生の個人レッスン!
坂下先生の個人レッスン!
坂下先生の個人レッスン!
いのちのプロジェクトが終わってほっとする間もなく、坂下先生の個人レッスン!

いつもノンビリしたアトムが今日は必死で頑張って走ります。

坂下先生のレッスンはさすがにみんな真剣そのもの。

レッスンには手を抜かない坂下先生ですが、休憩中は顔が変わります。

| | コメント (4)

2008年12月28日 (日)

いのちのプロジェクトジムカーナ大会!

いのちのプロジェクトジムカーナ大会!
いのちのプロジェクトジムカーナ大会!
いのちのプロジェクトジムカーナ大会!
いのちのプロジェクトジムカーナ大会!
いのちのプロジェクトジムカーナ大会!
いのちのプロジェクト最後のプログラム、ジムカーナ大会が開催されました。

一年生から四年生は茶々丸で、五年生はアトムに騎乗でした。

ジムカーナとは馬と行う障害物レースで、馬とのコミュニケーションが重要なポイントとなります。
先生方がしっかりサポートしてくれたので、五年生以上はひとりでアトムに騎乗しました。

| | コメント (2)

いのちのプロジェクト最終日、映画鑑賞と河瀬先生のお話

いのちのプロジェクト最終日、映画鑑賞と河瀬先生のお話
いのちのプロジェクト最終日、映画鑑賞と河瀬先生のお話
今日は暖かい日差しでポカポカ気持ちいい中での映画鑑賞でした。
日差しが強くて、少し見えにくかったので申し訳なかったです。
映画の後、河瀬先生が少しお話してくれました。
河瀬先生は午後からみんなの乗馬競技の指導をしてくれます。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

いのちのプロジェクト乗馬体験!

いのちのプロジェクト乗馬体験!
待ちに待った乗馬体験!
馬のプロフェッショナルが見守る中、子供達は安全に乗馬できました!

気持ちいい〜!と喜んでました(*^o^*)

| | コメント (0)

いのちのプロジェクト三日目!坂下先生による馬のお話と競技。

いのちのプロジェクト三日目!坂下先生による馬のお話と競技。
いのちのプロジェクト三日目!坂下先生による馬のお話と競技。
いのちのプロジェクト三日目!坂下先生による馬のお話と競技。
三日目午前中のプログラム、座学でのお話が始まりました。
ビデオを見ながら馬の生態や、人との関わりを坂下先生が説明してくれてます。
乗馬前の心構えなど、坂下先生のアドバイスに真剣な表情の子供達です。

| | コメント (0)

高橋先生のお話

高橋先生のお話
高橋先生のお話
いのちのプロジェクトの講師として、高橋良臣先生がいのちの講話をしてくれました。

難しい話を子供達に伝わるように説明してくれて、子供達も真剣に聞いていました。

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

いのちのプロジェクト曳き馬体験

いのちのプロジェクト曳き馬体験
いのちのプロジェクト曳き馬体験
いのちのプロジェクト曳き馬体験
いのちのプロジェクト曳き馬体験
ちょっとこわごわな子もいましたが、みんな上手に馬を誘導できました。

曳き馬体験はコミュニケーションのお勉強です。

明日は馬に乗りますよ〜。

| | コメント (0)

いのちのプロジェクト飼育員の仕事

いのちのプロジェクト飼育員の仕事
いのちのプロジェクト飼育員の仕事
いのちのプロジェクト飼育員の仕事
いのちのプロジェクトではなるべくリアルタイムにブログをアップしたいと思います。

二日目朝から子供は風の子元気な子!って感じで張り切ってファームに到着!

四班に別れて、馬房掃除、馬の手入れ、餌作り、鞍の手入れをします。

寒いけどガンバレ!

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

馬の身体測定

馬の身体測定
馬の身体測定
馬の身体測定
馬場で各班毎に別れて、馬の身体測定をしました。

馬あらゆる所をメジャーで計測して、聴診器で心音を聞いたり、体温も測定しました。

初めて聞く馬の心音は大きく、ゆっくりした鼓動だったとみんなが言ってました。

早く茶々丸に乗りたいな〜とこれからの体験学習にワクワクな生徒達でした。

| | コメント (1)

いのちのプロジェクト始動!

いのちのプロジェクト始動!
いのちのプロジェクト始動!
馬の飼育や乗馬体験などを通して、動物への愛情や命について学ぶ、いのちを育てよう!馬の飼育体験がはじまりました。
多数応募があり、小学生から高校生までの45名が参加となりました。

午前中は馬の絵に色を塗ったり、自分の体の足の長さや顔の長さ、身長などを計って馬の大きさを予測します。
聴診器を当てて自分の心音も聞いたりしました。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

馬装検定とホースセラピー

馬装検定とホースセラピー
馬装検定とホースセラピー
馬装検定とホースセラピー
今日はスケジュールいっぱいで、大変な1日でした。

セラピーやレッスンの他に馬装検定もしました。
今回の馬装検定は三人受けましたが、三人共合格でした!

馬装検定をクリアしないと、障害者乗馬のリーダー資格を受けれないので次へのステップに前進出来ましたね。

障害者乗馬資格は、障害のある方が安全に乗馬できるように設けてある資格です。

資格取得したボランティアさんが増えると、ホースセラピーがもっと発展していくと思います。


ロープを持ったパニオロさんが乗っている鞍は牛追い用の鞍で、ホーンがロープをひっかけれるように太くなっています。

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

笑う馬

笑う馬
手入れしてる時の茶々丸の顔。

歯を剥き出して笑ってるみたい。

くすぐったいよ〜

なんておもってるのかな?

それとも、ブラシのかけ方ヘタクソ〜

って思ってるのかも。

馬も色んな表情がありますね。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

パニオロさん

パニオロさん
五色ホースクラブでたまに乗馬指導に来てくれるパニオロさんは、ハワイ島の

Dahana ranch

http://www.dahanaranch.com/ (英語)

http://www.dahanaranch.com/dahana_japanese.htm (日本語)

で乗馬指導や、外場の案内をしていました。

パニオロとはハワイの言葉でカウボーイという意味だそうです。

今日は牛追いで使っている投げ縄を見せてくれました!
私も少しチャレンジしてみましたが、結構固いしっかりしたロープで全然回せません(><;)

パニオロさんが回すと簡単にみえるんだけどな〜

いのちのプロジェクトでは4日間通してみんなのサポートをしてくれます。

ハワイの話など聞いてみましょうね!

投げ縄も教えてもらいたいですね。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

ちょっと不調

ちょっと不調
いのちのプロジェクトに向けて、アトムと茶々丸の運動量を増やして調整中ですが、昨日くらいからアトムの動きが重い。
足を引きずる訳でもってなく、熱も持ってないけどちょっと運動を嫌がるそぶり。

こんな時はあまり無理せず、今週のレッスンは常歩のみです。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

馬装検定に向かって

馬装検定に向かって
今週土曜日に馬装検定を行います。

手入れや馬装は一番大事なこと。

五色ホースクラブでは馬装検定を設けて安全に努めています。

馬装検定はかなりきびしいです。

頑張って練習しましょうね。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

わたぼうしホースセラピー

12月のわたぼうしホースセラピーの様子です。20人ぐらいの子供たちが参加しています。毎月1回のセラピーを楽しみにしています。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

乗馬でリハビリ!

乗馬でリハビリ!
大阪より頑張ってリハビリに通って下さっているお客様が、一人でアトムを動かせるようになりました。

体に麻痺があっても、重心がとれて安定して乗れるようになったのは、やはりバランス感覚が発達したのと、筋力がついてきたからです。

乗馬は全身運動なので、動く所、動かない所まんべんなく運動できています。

小さな積み重ねが大事ですね。

そして、成果が見られるのは私達も嬉しく思います。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

坂下智之先生

Dsc00016

五色ホースクラブのブログでもお馴染みの坂下智之先生は、富士市にあるウェスタン乗馬クラブ、ウェストウインドランチ代表で、ウェスタンのレイニング競技選手としても国内に留まらす、海外でも活躍をしています。
繁殖、調教、そして馬の第二の心臓と言われている蹄を扱う装蹄師としても一流です。

坂下先生は口数は多くありませんが、馬に向き合う姿勢から学ぶ事が多くあります。
先生を知る人から
「坂下さんが乗ると、荒れてどうしようもない馬が大人しくなる」
と言うはなしをききました。

そう言えば、坂下先生を見た瞬間にアトムが私の背中に隠れた事があります。
アトムはボス馬で、プライドの高い馬です。嫌いな人には歯を剥き出しで威嚇する事はあっても、そんな態度に出ることはなかったので、非常に驚きました。

でも、坂下先生が乗ると観念したように素直に動きます。

その風景を見て、坂下先生は調教師というより、やはり先生だな〜と思いました。
アトムは生徒で坂下先生の授業を受けているというように見えました。

いのちのプロジェクトでは坂下先生のホースマンシップを是非、学ばせてもらいましょう!

坂下先生のレイニングショー動画は、下のリンクからどうぞ!

http://ghcbbs.tea-nifty.com/blog/2008/11/topboomernic--1.html

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

12月のわたぼうしホースセラピー

12月のわたぼうしホースセラピー
12月のわたぼうしホースセラピー
12月のわたぼうしホースセラピー
今月も元気一杯で、わたぼうしのお友達がセラピーファームに来てくれました。
初めて馬をみたお友達もいて、「怖いよ〜」なんて泣いてたけど、お母さんと一緒にアトムの背中に乗ったらアラアラ不思議〜ニンマリ笑顔です。

「さっき泣いてたんじゃないの〜?」なんて言ったら誰の話〜?みたいに知らん顔!

大好きなママと一緒におっきな背中でゆ〜らゆらは気持ちいいね(*^_^*)

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

高橋良臣先生

T_takahashi

いのちのプロジェクトで26日に講師をしてくださる高橋先生は、北海道大学獣医学部、日本ルーテル神学大学卒業で獣医さんであり、牧師さんでもあり、臨床心理士でもあります。

登校拒否、不登校の子供達と全人格的にかかわる施設として、登校拒否文化医学研究所を設立。
子供達に寄り添ったカウンセリングを展開しています。

また、教員向けの教育委員会主催の各種講座や研究会などの講師としても活躍して、実際に生活を共にして、ふれあいの中からの助言や提言は実践的で的確なので現場からは好評です。

五色ホースクラブに来ていただくのはこれで三回目ですが、本当に心に寄り添った話し方をしてくれる先生で、感動してしまいました。

五色ホースクラブはボランティア団体なので講師料も充分ではないのに、躊躇うことなく東京から遠い淡路島まで来てくれる、本当に素晴らしい先生です。

そして今回は子供達の講師と、特別に保護者対象のお話会を設ける事になりました。

26日午後3時より

鮎原老人憩いの家で行います。

命のプロジェクト保護者以外が参加の場合は五色ホースクラブまで連絡下さいね。

高橋先生についてもっと知りたい方は、先生の著者をお勧めします。

『不登校・引きこもりのカウンセリング』

『登校拒否 母親のための相談室』

『登校拒否児と生きて』

『登校拒否のルーツ』

『いじめは待ってくれない』

他多数あります

連載では、
月刊『学校教育相談』
があります。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

命のプロジェクト研修生決定!


命のプロジェクト、「育てよういのち、馬の飼育体験」にたくさんの応募ありがとうございました。
この命と生きがいプロジェクトは、殆どがターミナルケアや高齢者を対象とした企画でしたが、五色ホースクラブは子供達に命について考える機会を与えて欲しいとこの企画を提案しました。

子供達を対象にした理由は、最近の悲しい現実として犯罪や自殺の若年化があります。
ゲームなどの氾濫により、バーチャルな命と大切な命を同じように考えているんでしょうか?


命は鼓動し、暖かいもの。


人より大きな鼓動で、人の体温より少し高い馬に触れて感じて欲しい。


馬の飼育体験や、乗馬で命の大切さを学び、高齢者や障害児との交流で、人に対する思いやりを学んで欲しいと考えました。

子供達はこれからいろんな壁にぶつかっていく事もあるかもしれないけど、実際に触れて感じた事はきっとこれからの生きる力になってくれると思います。


そしてこの企画をサポートしてくれるのは素晴らしい講師の方々です。


《12月26日》高橋良臣先生

《12月27日》坂下智之先生

《12月28日》河瀬浩先生


4日間通してのスペシャルサポートとして、鉄人さんこと、杉本達三先生と、パニオロさんこと石本雄三先生が来てくれます。

鉄人さんはニュージーランドや北海道で、馬の飼育や乗馬を学び、乗馬クラブでアドバイザーやインストラクターとして活躍しています。

パニオロさんはハワイ島で牛追いやカウボーイとして馬にのって観光客を案内していました。


講師紹介はまたブログにあげますが、坂下先生はアメリカで、河瀬先生はインドネシアで、理事長滝本はロンドンで乗馬していました。

国際的ですね〜!


せっかくの機会ですので、先生方にいっぱい質問してみましょうね!

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

マダムレッスンディ

マダムレッスンディ
美容も兼ねて、障害者乗馬資格のスキルアップを目指してマダムレッスンディを設けています。

ボランティアが増えると障害者乗馬の時間も拡大できます。
これから、ボランティア育成レッスンを積極的に取り入れていく予定です。

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »