2017年7月12日 (水)

お父さんの左手




家族をしっかり包んでいたお父さんの手。
その左手が、病気で固く閉じられてしまった。
半年の入院に辛いリハビリ。
でも、お父さんの左手は緊張で固く閉じたまま。

父兄仲間のインストラクター候補生が、乗馬療法を勧め、先月退院してすぐ五色ホースクラブに。

毎回、毎回、体幹が良くなり、姿勢もしっかりしてきました。

そしてお父さんの固く閉じた左手もゆるみ、少し動くようになりました!

お父さんの表情もとて明るくなって、笑顔がいっぱい。

私たちもとても嬉しい!

みんなで一緒に頑張るから、喜びも一緒なんだ〜(๑>◡<๑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

ひょうご、笑顔でつながる感謝の集い

ひょうご、笑顔でつながる感謝の集い〜敬愛まちづくり財団助成事業15周年記念式典〜に出席させていただきました。




いのちと生きがいプロジェクト、この助成を受けて始めた、いのちのプロジェクト「いのちを育てよう、馬の飼育体験」は今のクラブの基盤になっています。
年齢も様々、障害のある子供もみんなで補いながら、分担して馬の世話や乗馬を楽しむ。
バーチャルな世界に慣れすぎた子供たちに、体温や鼓動、生きる困難さを体感してもらい、いのちについ向き合ってもらうという活動です。
もう、10年も前になるのに、こんな素晴らしい式典に読んで頂いて感激です。





また頑張る力が湧きました!

福祉乗馬を日本中に広げて、みんなに幸せを届けられるように頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はあーとふるふぁんど助成金授与式

去年に続き、はあーとふるふぁんど様より助成金をいただきました。



授与式に出席。

本当にありがたいことです。
大切に使わせていただきますね。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

寄り添うこころを育む教育

ホースセラピーとは?
障がい者乗馬とは?
様々なところでガイドラインやマニュアルが設けられ、講習会なども開催されています。
しかし、人もそれぞれ、場所も、馬もそれぞれ違います。
大切なことはなんでしょう?
それは一人一人に寄り添うこころなのではないでしょうか?
その人を理解し、何を望んでいるのか、困難は何か、しっかり見極めること。
そうすれば安全のガイドラインや指導法が見えて来ます。
型に嵌めるのでなく、寄り添う。
相手の立場に立ち、何ができるか、できることを精一杯務める。
これは、日本が世界に誇る「おもてなしの心」に通じます。

淡路島の真ん中の小さなクラブが成長して来たのも、一人一人に寄り添ってきたからだとおもいます。
しっかり話を聞き、無理はせず、できることは精一杯。
それが知識となり、経験となり、実績となり、成長しているのです。
その、私たち心をずっと育ててくれているのが、高橋良臣先生です。
高橋先生は、1972年より、不登校児や引きこもりの人と生活を共にし、その家族もサポートし続けておられます。

※福祉乗馬記念講演
「寄り添うこころを育む教育」
国立青少年オリンピックセンター センター棟
7月30日午前9時より12時まで

※当日スケジュール
9:00 開場
9:15〜高橋良臣先生
10:30〜川嶋舟先生
11:15〜石山繁 元JRAジョッキー

※淡路島紹介ブースも用意しています。

※参加費2000円

多くの方に来ていただけるよう、参加費は必要経費のみです。

※参加申し込みはmayumi0597@hotmail.comまで




| | コメント (0) | トラックバック (0)

中川原保育園ふれあい乗馬

5月26日金曜日
たくさんの可愛い笑顔がクラブにやって来ました。









茶々丸、鈴丸も大喜び!

とても楽しい時間を過ごしました╰(*´︶`*)╯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

神戸新聞に載りました

〜すべての人に幸せやこころの豊かさを〜

「福祉乗馬」

紙面デビューです



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

福祉乗馬(R)の登録




特許庁より、福祉乗馬が、五色ホースクラブの登録商標に認定されました。
福祉乗馬とは、馬を中心にすべての人へ、「幸せ」や、「心の豊かさ」を広げる活動です。

福祉乗馬では、すべての人が対象で、目的は対象者により変わりますが、癒し、教育、健康維持と回復、情操教育を主で、指導者は、障がい者乗馬指導資格を有した、「福祉乗馬インストラクター」を中心に実施し、講習を受けたボランティアが補助します。



普段あまり接することがない人たちも、馬を介する事でスムーズに交流できます。
その交流の中で学ぶことがたくさんあります。

福祉乗馬が広がり、ノーマライゼーション〈normalization〉な社会作りの一端を担えるよう、頑張っていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

ポカポカ日和

だんだん暖かくなって来ると、馬たちの生え変わりの季節。
抜け毛がすごいです。

手入れを楽しくするのに、キットパスという体に優しい魔法のチョークでお絵かき。










キットパスを作ってる会社は障がいのある人を多く雇用してるそうです。
社会にも優しい会社ですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

一隅を照らす。

関西看護医療大学の学位授与式に出席させていただきました。
五色ホースクラブに実習に来てくれた学生もたくさんいます。
久しぶりに見る顔は、将来の希望に溢れていると言うより、これから向かって行く尊く厳しい道のりへの覚悟の表情でした。
理事長・学長の江川先生の告辞で
「置かれた場所で咲きなさい」
と言う言葉が心に響きました。
一隅を照らすと言う精神に沿う言葉です。

みなさまご卒業おめでとうございます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の馬カフェ

3月12日恒例の馬カフェとサプライズパーティをしました。

準備も万端




今回はフレンチのジビエシェフの協力を頂きました。




美味し楽しい




やっぱり幸せなクラブです(^^)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017パラ馬術競技会打ち合わせ